ポッポチーヨ!

文鳥を飼っているのか、文鳥に飼われているのか。備忘録替わりの日記です。不定期更新。

久しぶりの通院 グレ関節炎

ピコ姐さんが7歳になったと思ったらだいぶ煤けてきたので、そろそろ念のため診てもらおうと思っていたが、諸々の事情でだらだらと先延ばしにしてしまっていた。

あとルビィの経過観察も含めて、なんだけど、両名とも割と元気に見えてるので、つい。

 

そんな折、放鳥開始のお迎え握りでグレの足に異常を見つけた。

f:id:tomoi_bird:20190426020517j:plain

なんか瘤がある…

うーん…なんだろこれ。

脳裏によぎったのはハナの頭にできたコブ。
でも場所的に違うかな?

 

ともかく心配なので、前述の先延ばしにしてた2羽と共に久しぶりに動物病院へ。

 

らくらくさんが亡くなってからご無沙汰だったから…うーん、半年ちょっとぶりぐらい?

期せずして全員女の子なので、飼い主は「女子ドライブ」等とニヨニヨしていたが本鳥達はそれどころではない(あたりまえ)。
時期的に予防接種シーズンなもので、入れ替わり立ち替わりにわんわんさんに遭遇して(中には吠えまくる子もいて)、通院慣れしてるルビィ・剛胆ピコ(?!)はともかく、肝の小さいグレはさぞや怖かっただろうと思う。ううむ。

 

 

で、グレの足は「関節炎」との診立て。

「水が溜まってる状態」とのこと。

元々足の弱い子ではあるので、ケージ内は平面を多くしたり止まり木を太目にしたりテープまいたりして楽にとまれる工夫はしてきたが、それでも全く足を使わずに休めることは、鳥である以上ほぼほぼ出来ないので、安静に、というのも難しい。

お薬(たぶん漢方)21日分を処方され様子見。

 

姐さん7歳は、名前を告げると「あ、一番最初に来た子ですね!」と覚えていていただいてた。

流石に7歳なんで、それなりにお年なんですけど(「煤けてきて」と口を挟むと「そうそう、そんな感じですね!」と)まあ元気ですし特に問題なしですね、とのこと。

ルビィも同じく、気がかりなのは足の負荷だけど現状問題ないそう。

 

ちなみにお会計は3羽まとめて7500円ほど。
問題なし2羽の健康診断は合わせて1500円、残りはグレの診断・投薬代。

使うお薬の分量が少ないってのはあるかもしれないけど、漢方で21日分出してもらってこのお値段はずいぶん安いなと感じた。

f:id:tomoi_bird:20190426023309j:plain

待合室にて。グレはびびるので小さいキャリーで目隠しタオル装備。