ポッポチーヨ!

文鳥を飼っているのか、文鳥に飼われているのか。備忘録替わりの日記です。不定期更新。

ままならない

人間の息子氏のほうは無事志望校に合格しました🌸

 

今月中に繁殖モードに入ってくれたらいいなあ、と思っていたロッソ・イツカペア。
新しいツボ巣も入れて、ロッソは大いに乗り気なんですが
イツカが換羽をはじめてしまいました。

 

うん、まあ、しょうがない。
換羽完了までしばし待ち、ですね。

 

 ↑↓どっちも(大)だけど、コバヤシの(大)が(大)ならカワイのほうは(特大)にしたほうがいいんじゃないかっていう(大)でした。でけぇ。

ロッソ・イツカにはカワイ製(大)を、隣で床に座り込んで抱卵妄想してるらしいあずきにはコバヤシ(大)を。
大きすぎるせいなのか材質が見慣れなかったのか、ロッソ・イツカペアは最初のうちびびって入らなかったのですが、今は一緒に入ってくつろいでいます。 

コバヤシ 国産ツボ巣(大)

コバヤシ 国産ツボ巣(大)

  • メディア: その他
 

 

 

そして、一度はパートナーのポロが待つ元のカゴに戻った杏仁ですが
1週間ほど経ったら傷口が引き攣れて絞扼再び!になってしまいまして
再度通院、投薬開始でまた隔離に戻っております。

体重は戻りつつあるので、強制給餌は終了としました。

 

うちの子達、全体に大型の子が多いもので
杏仁やイツカのような小柄さんを握ると
小さすぎて大丈夫か?!って過剰に心配してしまいがちなのですが…

この子達の23gは標準体重、大柄さんの30gも標準体重なので

気になる時はとにかく量ってしまうことですね。

 

 商品名も販売者も全然違うんだけど、モノは多分同じじゃないかな…
0.01g刻みで量れて便利なんだけど、ちょっと小さいのが難点。
慣れれば直接上に乗ってくれるのかなー?うちの子達は逃げ回りますが。

 

ちなみにモク氏(お肉)はダイエット継続中ですが
34→30gまで、なんとか落とすことが出来ています。
ルビィ用のペレットを、ルビィよりは少し多く与えているのですが
午前中お薬のために隔離されているピコが
午後はモクのいるカゴに戻り、ピコもペレットを食べるので
分量の調整が難しいところです。

 

ルビィの常食。 いっそ全員このペレットにしてやろうかと思ったけど
1回5gと仮定しても3日でなくなってしまうらしいのでやめました。

 

30gでも元の体重を考えると重い気がしますが…
あまり急激に減量するのも健康に良くなさそうですし
この辺で維持に持っていきたいところです。