ポッポチーヨ!

文鳥を飼っているのか、文鳥に飼われているのか。備忘録替わりの日記です。不定期更新。

結局リフォームレベルに…

今回も愚痴更新ですねー。
とはいえたぶん今回で一部完にはなるはずなので、吐き出してしまおうと思います。

 

前回の更新からだいぶ間が開きましたが、とりあえず一通り終わりまして、なんとか平常運転に戻っております。

まあ、もう1か月以上たってるからね。

 

結局、夫の部屋の天井の漏水箇所補修&天井の壁紙全面貼替に、LDKの吊棚とレンジフード全面交換、天井漏水箇所補修(はがして新しく作ってた)天井壁紙全面貼替と結構な大仕事になりまして、入居後すぐに申告してて対応されなかった問題点いくつかと共にやっつけてもらったのですが

 

当初、夫の部屋は「職人多く入れて1日で済ませる」と言うのでこちらで夫の居場所を手配しなかったら、直前になって「1日では終わらない」とか言い出して

 

 

 

( 'Д')<どうするんですか普通のビジネスホテルとかでは寝れないんですよ?!

 

(;´担`)<どう…しましょうね…?

 

(# ゚Д゚)<や…どうしましょう…って…

↑夫、電話口で本当にこんな顔になってた

 

結局上司の人が出てきて、ちょっとお高めのホテルをとってくれてガチ謝罪されたので(それでも色々不自由なんだけど)とりあえず溜飲を下げて2泊3日近所に泊まってきましたね…

夫の介護要員が必要なのでわたしも一緒に泊まりましたが、正直逐一往復するのつら…ってなってましたけど、自宅には文鳥達がいますし、宿では朝食しか出ないので(朝食豪華だったけどバイキングは肢体不自由の要介護者にはつら…)後の2食の手配も必要だし、いそいそ往復しましたよ…もう。

 

いやもうほんと、先に言ってくれたら介護施設の短期入所手配できたんですよね。

1日で片づけるっていうから、大丈夫なんですね?って何度か念押しもしましたし。

それが前日になって全然大丈夫じゃないことが判明して、何しろそもそも夫はアスペルガー症候群(※現在この診断名は使われていない)なもので、予定が狂うことそれ自体がものすごいストレスで、アスペであるが故に力技で適応出来るけど、こういうことが続くとどんどんストレスが積みあがってメンがヘラってしまうので、本当勘弁してほしいんですよ介護要員的に!(ドォン

 

とはいえ部屋もトリプル取ってくれたし、宿自体本当に良い処で、高層階の温泉は深夜でも入り放題だったので、わたしも楽しませていただきました。

もうやりたくないけど 、「思い出したくもない嫌な思い出」に分類されるほどではなかったかな…

ネタっていうか語り草にはするけどね。

 

 

ちなみに文鳥達はというと、工事の人来てる間は鳥部屋〆切で、工事終了して職人さん達が出て行ったら放鳥タイムで、いつもの「ご優待」はないけどそれなりに適応してましたね。

たぶんないだろうなとは思いつつも、一応「鳥飼ってるので溶剤系・揮発性・臭気の強いもの使わないでほしい」っていうお願いはしておきました。
もし使うのなら事前に教えてほしいとも。
今回塗装はないし可能性があるのは壁紙(天井)の接着剤ぐらいで、下見段階で直接職人さんとお話しできて「接着剤は揮発性のもの使わない、鳥のいるおうちでも大丈夫なものを使う」と確約頂いたので隔離避難は必要ありませんでした。


これが1羽だけだったら迷わず連れて行きますけど、なにせ30羽もいますからね。
動かさなくて済むなら現状維持したかったので、ありがたかったです。
こんなことにならないのが一番ありがたいですけどね!

 

まあ大きな音はするし知らない人の出入りもあるしパニクる心配はなくもなかったけど、こういう時は多数飼いのメリットっていうか…周辺にいつもの面子が常にいることで、多少メンタル的には緩和される部分はあったんじゃないかなと。

 

 

そんなこんなで、とりあえず現在は平常運転に戻っております。

文鳥達は繁殖モードに入っているペアが数組おりますが、今期は取れないかな…わたしも資格試験があるし、息子も受験だし、なにしろもう30羽もいるので一杯一杯なもので。