ポッポチーヨ!

文鳥を飼っているのか、文鳥に飼われているのか。備忘録替わりの日記です。不定期更新。

2度あることは3度ありそう

先日触れた「里親希望者」の方のこと。

 

ご家族ともどもで文鳥を希望していて、お父さんは繁殖をさせたいとも。
お子さん方は息子と顔見知り、夫婦ともに知り合いなので
大事にしてもらえるのならぜひ、とお話を進めていたのだけれど。

 

 

 

1回目 無連絡バックレ

2回目 無連絡バックレ

 

 

 

 

…さすがにこれではちょっと、うちの大事な子達を大事にしてもらえると思えなくなってきたので、夫がその後お約束した当の本人にお会いした折に謝られたそうだが、さすがの夫でさえ「じゃあ次は…」って話はしなかったそうだ。

 

いらないものを押し付けたいわけじゃないのよ。
大事なうちの子が幸せになれるならと思って、身を切られる思いで差し上げるのですよ。

 

というのに、2連続でバックレされては、さすがに無理でしょうと考えざるを得ない。

 

 

個人的にも、鳥のことを話せる相手が出来るのを喜んでいたのだけれど。

もう本当、残念としか言いようがない。

 

 

 

引越しまでにいくらか数が減るつもりでいたが、もう考えに入れないことにして、全員で引越しすることにしよう。

 

 

 

引越し業者さんも決まり、あとは諸々の手続きを進めていく。

お盆休みに突入してしまったが、まあ、そもそもこちらはそれほど急いではいないので当日までになんとかなればそれでOK。

あと、今回荷造りもお任せなら退去後にハウスクリーニングも入れることになったので、過去最高に楽な引っ越しが出来る…といいなあ(希望)。

 

とはいえさすがに細かい不用品は処分していかないといけないのだが、息子が帰省してきているのでむしろ散らかっている。どうすんだこれ。
いや、どうにかしないといけないんだけども。