文鳥日和

文鳥を飼っているのか、文鳥に飼われているのか。備忘録替わりの日記です。不定期更新。

あけおめ通院

 

ハナの通院日。

 

ビビりのハナも、いい加減慣れたもので
通院用のキャリーに移すのにも大人しくしていたし
待ち時間もバタつかず静かにしていた。
ただ、診察はやっぱり嫌(家族以外に触られるのがそもそも嫌)なようで
キャリーから出す段になって暴れ出し
体重測定も逃げようとしてジタバタはしていた。
まあ、平常運転。

 

手術前はもうちょっと慣れてたんだけど、まあ、しょうがないやね。


今回も水抜きとお薬のみ。

本当は全員定期健診とか行ったほうがいいんだろうけど
そこまでは懐具合がついていけないので
里子に出す予定のヒナ以外は、基本的に健康な時には行かない感じ。

あとは、何かあった時に初めて受診する。

 

ただ、これだけ数がいて、年数が経っていると
中には病院通いになる子も、たまには出てくる。
ハナもそのうちの1羽。

 

 

それはともかく。

 

なんだかんだで、毎月誰かしらお世話になってはいるのだが
その中でも今回のハナの通院頻度は過去最高である。
何せ週に2~3回というのが1ヶ月は続いていた。

それが、人間側の都合もあるのだけれど、ここ2回は10日間隔が空いている。

自分の頭ぐらいのサイズの腫瘤が目の横にある状態の割に
意外に当人(鳥)は元気そうで、体重も減らず
普通に放鳥タイムにも出てきて飛び回っている。
先行きどうなるかわからないが、今は喜んでおきたい。