文鳥日和

文鳥を飼っているのか、文鳥に飼われているのか。備忘録替わりの日記です。不定期更新。

ハナ液漏れ

ハナの頭のコブにまた液体が溜まりはじめている。

まあ、土台のほんの一部を焼いただけだし、そんなものだろうなと思ってみていたら、昨夜になって液体が漏れ出ていた。
背中の汚れで発覚したのだが、ぶつけたり引っかいたりしたわけでもなさそうなので、手術で空いた穴からだろうと推測。

 

午後診療の時間は過ぎていたので、今日になってから病院へ。
やはり手術跡からの流出だそうで、液体が口に入っても特に害はなく、処置の必要もないとのこと。
ただ、やはり気にしてつつくと良くないので隔離は続行で。

 

帰宅後、ハナだけ単独放鳥したところ、夫の部屋に入り浸り。
それはいいのだが、ひとしきり寛いだら、元のケージの前に飛んでいき、離れようとしない。
帰してあげたいけど、ちょっと今はね。

 

そういえば昨晩、普段ハナが夫に握られている間私に握られるスミ(ハナのパートナー)をハナと一緒に握り、そのまま夫に渡して握っていてもらった。
ハナは嬉しそうだったが、スミはずっと夫をにらみつけていたそうだ。

 

迎えに行ったらスミに2回ほど、ぎちぃーーーーっと噛まれた。
爪を切ってもここまで噛まれたことないのに。
目が怒っていた。
ごめんて。

 

夫を噛まなかったのは、ハナのために我慢したんだろうなあ。

 

お詫びの意味をこめてしばらくモフっておいた。
放鳥タイムには機嫌を直してくれたようだ。

 

ケージを入れているワイヤーラックの最上段に、シードを少量入れたエサ入れをかけたところ、野分&グレ、パール&よつば、ポロ&杏仁の3組が争って食べていた。

 

普通にあげてる餌にも入ってるんですけど、それ。

 

スミ・ハナはあまり興味を示さなかった。

 


隔離、あまり長引かないといいな。

 

 エレクトロニクスとはいったい